賃貸マンションの不具合

賃貸マンションを選ぶ時の注意点

大家さんをサポート

賃貸マンションにはオーナーが存在します。
オーナーがマンション丸々1棟買ったり、数室を買ったりし、人に貸して家賃収入を得ます。
いわゆる不労所得、マンション投資というものです。

貸すと言ってもオーナーが自分で動いていることは少ないでしょう。
住人とのやり取りやマンションの掃除など、できる所は自分で行っている人もいますが、大抵の場合管理会社に任せます。
管理会社は住人から家賃を集め、手数料をひいてオーナーに渡します、
支払いが滞っている人には電話や手紙を出して対応してくれます。
管理会社が間に入ることで、オーナーは手数料を支払うだけで何もしなくても収入を得ることができます。

管理会社はその他にもマンションを綺麗に保ち、住人が過ごしやすいようにも清掃会社と契約し、来てもらったりもしています。

空き部屋の解消とトラブル

オーナーにとって一番避けたいのが空き部屋の状態が続くことです。
空き部屋の状態が続くと家賃収入が得られなくなって、マンションを購入した際のローンが払えなくなったりするかもしれませんし、収入が減ってしまいます。
このような時も管理会社が助けてくれます。
契約の内容や、管理会社のサービス内容によっても程度や料金は変わりますが、住人の募集もしてくれます。
なので、今の住人がいなくなっても、管理会社がいると少し安心できるわけです。

この他、住人がなにかしらのトラブルに見舞われたとき、その相談先にもなります。
トラブルの内容によっては長期戦になったりもして、オーナーさんでは解決しにくい事でも管理会社が対応してくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る