賃貸マンションに住むうえの不具合で管理会社に頼めること

賃貸マンションの不具合

賃貸マンションを選ぶ時の注意点

そもそも管理会社はどんなことをしているのでしょうか? 普段接しない分イメージがつきにくいですね 大家さんがいても管理会社がいないこともあり、そのような場合はなにかあった場合大家さんに相談になります、 賃貸マンション管理会社の基本的な仕事について見てみましょう。

管理会社はどんなことをしているのか

賃貸マンション選びにどういったポイントを重視しますか?
部屋をある程度絞るために、地域や駅から近さ、家賃をメインに考える人も多いかと思います。
最近では敷金や礼金がない物件も増えてきています。

この敷金や礼金があるのとないのとではどのような違いが考えられるのでしょうか。
一番大きな可能性が、その物件があるマンションの管理です。
オーナーからすると、マンションの管理費は出費です。
安くすればするほど手元にお金が残ります。
とはいえ、管理ができてないマンションは入居率が悪くなることもありえるので、管理を全くしないということはありません。
この諸経費を賄ったり、借主が急に家賃を払えなくなった時などの保障として敷金や礼金があります。

これは不動産業者でも言われているのですが、敷金礼金がある方が管理がしっかりしていて、マンションがきれいだったり、なにかトラブルや不具合が発生した時に相談しやすいということです。

敷金や礼金だけですべては分かりませんので、気になる物件を3件ほどに絞れたら部屋を見に行きましょう。
間取りや風呂の広さなど、住む上で「譲れない」点の確認以外に、マンションのエントランスの掃除ができているか、駐輪場がきれいに整理されているか、部屋付近の共有スペースの様子もチェックしておきましょう。
また、住んでから騒音や悪臭で隣人トラブルになることもあるようです。
そういったことがないか、隣人にどんな人が住んでいるかも簡単に聞くのもいいかもしれませんね。

家の中のトラブル

気をつけて物件選びをしていても、住んでから発見する不具合がでてしまうこともあります。 住む前ならば強く改善を言うことができそうし、別の物件にすることもできますが、入居後に発見したものはどうなるのでしょうか? トラブルの事例と対処法を見てみましょう。

隣人トラブルも相談できる

賃貸マンションは横、上、下に部屋が密接している分、トラブルになってしまうことも少なくはありません。 音や臭いに関することが多くネット状でも寄せられています。 また、マンションの入り口や郵便ポスト付近、駐輪場など共有スペースでのトラブルもあります。

TOPへ戻る